薄手の下着や水着を着る前はビキニラインはしっかり処理!

でも、柔らかくて刺激にも敏感なビキニラインは、自己処理すると肌トラブルの元…
「しまった!」となる前にエステサロンでキレイに脱毛しましょう。
夏の時期の水着姿にも自信を持つにはビキニラインの脱毛は欠かせません。

自己処理では難しいデリケートゾーンだからこそ、プロのサロンで確実に脱毛するのが安心です。
当サイトではビキニライン脱毛が出来るサロンを価格面だけではなく保証内容やサービス面から総合的にリサーチ!
都道府県別にお勧めの脱毛サロンをランキングでご紹介しています。
Vラインをスッキリ綺麗にして、下着や水着姿に自信を持ちましょう。

どんなサロンがいいの?ビキニラインのサロン選びポイント

POINT 1. 脱毛範囲は大丈夫?
サロンによって範囲が違います。
POINT 2 . 回数と価格の両方から判断する
光脱毛は最低6回は見ておきたいところ。6回通う時の価格を一つの目安として比較判断しましょう。

このサロンならVラインも安心!コストパフォーマンスの良いお勧め脱毛サロンTOP5

ミュゼプラチナム

何度でも脱毛できるキャンペーンが最強!

  • おすすめポイント!

ビキニライン脱毛で大満足できる、ミュゼの「お好きな1部位とVライン+両ワキ美容脱毛完了コース」が魅力。
1000円でビキニライン、脇脱毛が無制限回数で脱毛できて、さらに19部位から1か所選べる脱毛も付いてくるのはとってもお得!!
他にも100円でVラインと両ワキだけ脱毛完了するコースもあります。脱毛は痛みがほとんどないS.S.C.脱毛を採用し、プラセンタエキス配合のトリートメントで美肌が期待できます。
ミュゼは無理な勧誘がなく、返金保証あり、追加料金がないからサロンとしても非常に安心。はじめて通う方も利用しやすいです。

<1> お好きな1部位と、ビキニライン+両ワキ美容脱毛完了コース 1,000円(回数無制限・無期限)
<2> ビキニライン+両ワキ美容脱毛完了コース 100円(回数無制限・無期限)

エピレ

まずはファーストプランで

  • おすすめポイント!

リーズナブルな施術とTBCの長年の実績を生かしたスキンケア対策で、安心して脱毛を受けられるのがエピレの大きなポイント。
さらに安心できる保証の数も多く全額返金保証のほかにも、勧誘なし、入会金なし、サロン移動OKなどの10個の保証も取りそろえています。 それもあってお客様満足度は高く、アンケートしても99%の満足度を獲得しています。
今なら両ワキ+Vライン脱毛が700円で6回通えるとてもリーズナブルなキャンペーンをしていますので、気軽に利用しやすくてお勧めです!

<1> Vライン+両ワキ脱毛 700円(2回)
<2> VIO・5 脱毛プラン 6,000円(2回)

ジェイエステティック

キャンペーン豊富で安い

  • おすすめポイント!

ビキニラインはキャンペーンがあるなしでは大きく料金が異なることが多いのですが、ジェイエステティックは通常価格でも他店のキャンペーン並みに安いから、いつでも通いやすいのが特徴。
店舗も全国にあるのでどの地域にお住まいの方も利用しやすいのも嬉しいポイントです。
脱毛方法は独自開発の冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛を使用して、スライドショット脱毛で施術時間短縮を実現出来るので、施術スピードも速くて仕事帰りなど忙しい時にも通いやすい。
痛みの少ない脱毛だからデリケートなビキニラインでも安心です。

両ワキ(12回)+18部位から1部位脱毛(2回) 600円     

TBC

その場ですぐにムダ毛の減りを実感

  • おすすめポイント!

TBCではムダ毛の減りをその場で実感できる美容電気脱毛と光脱毛の組み合わせが他サロンにはないと大きな特徴。その場でムダ毛がなくなっているのがわかるので、急ぎの方には特にお勧め。
アフターカウンセリングもバッチリで、脱毛後のお肌のケア方法などエステティシャンが親身にアドバイスしてもらえるのも大手の安心できるポイント
今ならなんと11,680円(2回)がたった1,000円で利用できるのでとっても安いです!

終わりのある脱毛 1000円(2回)
  • 豆知識:
    ビキニラインの脱毛の範囲

ビキニラインを脱毛したい、と考える方は多いかと思います。下着や水着からムダ毛が出てしまうことほど恥ずかしいことはありませんので、ここはしっかりと気にしておきたいところですよね。
ところで、ビキニラインの脱毛範囲というのは、具体的にはどの部分のことをいうのでしょうか。

【基本は左右の部分】
ビキニラインとは、立った状態で正面から見て、毛が見える範囲、その左右横の部分を指すことが多いです。アルファベットの「V」のような形ですね。
サロンによって、Vラインの範囲というのは異なるようですが、「Vライン」というだけあり、上の部分はビキニラインに入らない場合がほとんどです。

では、ビキニラインはどこまで処理していただけるかというと、だいたいの場合は、自分の希望するところまで処理していただけます。
例えば「あまりしっかりと処理してしまうのは恥ずかしいので、下着をはいたときに見えないくらい処理できればいい」と考えているなら、そのとおり、あまり大幅に処理せずに、下着からはみ出てしまうような部分だけ処理していただけますし、「ハイレグをはいても大丈夫なように、しっかりと処理して欲しい」という場合は、どこまで処理をすればよいかを自分でスタッフの方に説明をして、その部分まで処理していただくことが可能です。

正面から見て見えている部分の、左右のみだけがビキニラインとなりますので、その他の部分はその他の箇所としてカウントされます。
アンダーヘアのいろいろな部分が気になる方は、ビキニラインと合わせて、その他の部分も施術していただく必要があります。


Copyright © ビキニライン脱毛のお勧めサロンをランキング【Vゾーン魅力アップガイド】 All Rights Reserved.