光脱毛と電気脱毛の違い

光脱毛と電気脱毛には、施術方法にかなりの違いがあります。機械にコンセントを指して電気をつかって施術をするという点では同じですが、光脱毛は光を照射して、毛根にアプローチして脱毛する方法で、電気脱毛は、針を直接毛穴にさして、毛根の機能を破壊する、という方法なので、全く施術方法が違ってきます。

主な特徴

光脱毛は、メラニンに反応する特殊な光を施術箇所に当てることで、毛が再生できないようにします。一回の施術で広範囲に照射することができるので、施術の進み具合も、電気脱毛と比べるとはるかに早いです。
それに対して電気脱毛は、特殊なコーティングをした針を直接毛穴に差して1本1本の毛穴の機能を破壊するため、施術の進み具合が遅いです。
毛穴に直接針を差しますので、かなりの痛みを伴いますが、最近行われている電気脱毛では、痛みに弱い方のために、弱い局部麻酔をしてくれるサロンもあるようです。
こうして見るとデメリットが多く感じられてしまう電気脱毛ですが、電気脱毛は直接毛穴の処理をするために、脱毛効果は光脱毛よりもはるかに高いというメリットがあります。

料金の違い

料金的には、電気脱毛よりも光脱毛の方がはるかに安価です。
最近いろいろなところで大々的に広告をしている脱毛サロンの施術方法は、ほとんどが光脱毛かと思われます。
手軽に行えるため、たくさんの顧客に対応できるので、料金もお安く設定されているようです。電気脱毛は施術にかなりの手間がかかりますので、料金はお高めとなっています。